「第17回勉強会 前庭の理学療法」

第17回勉強会は杏林大学の松村将司先生をお招きいたしまして前庭リハビリテーションについて講義して頂きました。

 

講義ではめまいに関する解剖、診断基準、医学的スクリーニングなどの基礎知識から、後半は主に良性発作性頭位めまい症(BPPV)の評価と治療についてお話ししていただきました。

 

昨年度の理学療法士国家試験にもめまいや平衡聴覚器に関する問題が出題されており、近年注目されてきています。

臨床の場面において、合併症や既往歴としてめまいの症状を持っている患者様を担当することは少なくないと思われます。その際にめまいについての知識を持っているか持っていないかだけで治療に大きな違いが出るのではないかと感じる講義でした。

 

 

予定していた時間では全然足りないぐらいに盛りだくさんの内容となっており、受講生の先生方とディスカッションが交わされ非常に有意義な勉強会となりました。

松村先生、受講生の皆様ありがとうございました!

 

 

※来年1/22(日)にも松村先生の勉強会が開催されます。

現在、定員残りわずかとなっておりますのでご興味のある方早めに申し込みをよろしくお願いいたします。

Link

 

 

 

慢性的な痛みを遮断するための啓蒙活動や事業を行う非営利団体(NPO法人)

 

 

 

Healthcare Support N Rehabilitation Laboは東京都足立区にて地域貢献を目的とし、一般の方へ向けたヘルスケアサポート活動を行っております