第2回勉強会「肘関節のスポーツ障害」


第2回の勉強会は群馬医療福祉大学の新谷先生をお呼びして、「肘関節のスポーツ障害」についてご講義いただきました。

 

新谷先生はプロスポーツ選手も多く通う慶友整形外科で長い間勤務され、肘関節の臨床を多く経験されておられました。現在でも大学で肘関節についての研究をされている先生です。先生ご自身も大学まで野球をされ、肩関節、肘関節の怪我を経験されたようです。ご自身の経験からスポーツ選手の怪我からの復帰に対し熱い想いを強く持たれています。

 

当日は140枚近くのスライドを作ってきていただき、基本的な肘関節の解剖からスポーツ障害への対応についてご説明いただきました。受講者の多くは肘関節疾患の臨床経験が少なかったのですが、丁寧な説明と実技をしていただいたことで肘関節を理解することができたのではないかと思います。

私自身としては実技を通して回内ROMが拡大したことが驚きでした。わずか2mmの関節包内運動でしたが、解剖を意識して触っていくことで効果を的確に出せることを実感できました。

他にも体幹、下肢との肘関節障害の関連性についても教えていただきました。

肘関節障害を起こす要因として下肢のタイトネス、体幹の不安定性が大きく関与しているとのことでした。肘関節を単関節としてだけで捉えるのでなく、全身の中の肘関節として障害を捉えていく必要がありそうです。

 

新谷先生には懇親会にも参加していただき貴重な話を聞かせていただきました。

少人数制ならではの講師との距離が近い勉強会を実現できてとてもうれしく思います。

 

今後もみなさんと一緒に発展させていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

講師:新谷 益巳先生

 

・職歴
H17年4月~H22年3月
特定医療法人 慶友会 慶友整形外科病院
H22年4月~現在
学校法人 昌賢学園 群馬医療福祉大学リハビリテーション学部 助教
 
・学歴
群馬県立前橋商業高等学校
桜美林大学 経営政策学部
前橋医療福祉専門学校 理学療法学科
育英メディカル専門学校 鍼灸学科
群馬パース大学 大学院 臨床保健学研究科
 
・資格
理学療法士(国家資格)
鍼師(国家資格)
灸師(国家資格)
NSPA-CPT
PNFレベル4終了

Link

 

 

 

慢性的な痛みを遮断するための啓蒙活動や事業を行う非営利団体(NPO法人)

 

 

 

Healthcare Support N Rehabilitation Laboは東京都足立区にて地域貢献を目的とし、一般の方へ向けたヘルスケアサポート活動を行っております