第24回勉強会「一からの膝の触察」

 今回はそはら整形外科の駒木先生をお招きして、膝周囲の触察について教えていただきました。大腿四頭筋やハムストリングスなど普段触りなれているはずの筋肉でさえも、筋の境を正確に触り分けることは非常に難しかったです。また、一つの筋を端から端まで触ることで、その筋の形状や大きさを感じることができました。駒木先生が強調されていたことは、筋の「触察感」を大事にするということでした。筋をマーキングすることに囚われてしまわず、一つ一つの筋が持つ特徴を目と手でしっかりと捉えていくことが大切だと伝えていただきました。確実に触れることはそのまま評価にも治療にさえもなります。今後も触察技術を上達できるように練習していきたいと思います。

Link

 

 

 

慢性的な痛みを遮断するための啓蒙活動や事業を行う非営利団体(NPO法人)

 

 

 

Healthcare Support N Rehabilitation Laboは東京都足立区にて地域貢献を目的とし、一般の方へ向けたヘルスケアサポート活動を行っております