第4回勉強会 「動的モビライゼーション療法~原理原則の理解と腰痛治療への応用~」

 第4回勉強会は原田先生をお迎えして、動的モビライゼーション療法についてお話していただきました。記念すべき第1回勉強会に原田先生にお願いをして、受講生からもう一度やってほしいとの要望が多かったので、先生にお願いして今回実現することが出来ました。

 

私が思う動的モビライゼーションの一番の素晴らしさはなんといっても速効性!!

外来で時間のないときでも即時効果を出すことができます。今回の受講生のなかにも動的モビが初めての方もいましたが、実技練習ではしっかりと効果を出せていました。三次元的な動きを理解して抵抗をかけるのは難しいですが、練習を繰り返し必ず習得したい技術です。

 

動的モビライゼーションで即時的効果を出して、動きやすい状態を患者さんに体感していただく。そうすることで患者さんの脳が間違って記憶している運動パターンの修正を促していくことができます。体に対してアプローチをしているものの、私たちセラピストが変容を促すべきものは「脳」ということを改めて教えていただきました。

 

今回は一日講習でみっちりと教えていただきましたが、やっぱり時間が足りませんでした。

また原田先生をお呼びして練習会を開こうかと考えております。

ぜひご参加ください。

 

 

講師:原田恭宏 先生

   東京医療学院 理学療法学科 学科長代理

   日本PNF学会理事

   動的モビライゼーション療法学会理事

Link

 

 

 

慢性的な痛みを遮断するための啓蒙活動や事業を行う非営利団体(NPO法人)

 

 

 

Healthcare Support N Rehabilitation Laboは東京都足立区にて地域貢献を目的とし、一般の方へ向けたヘルスケアサポート活動を行っております