満員御礼につき、第28回勉強会は現在キャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

タイトル:APULA式 SHOULDER CONDITIONING 2018

講 師:吉田 一也先生(理学療法士、医学博士)

    人間総合科学大学 講師

    肩専門コンディショニング  APULA 高田馬場店代表

日 時:平成30年3月25日(日)10:00~16:30 受付開始9:30~

    進行の具合によっては終了時間が延長する可能性もございます。

場 所:なかじま整形外科・小児科クリニック(東京都足立区)

費 用:7,000円

持ち物:筆記用具、動きやすい格好

備 考:昼食は講師と受講者全員で近くの飲食店で食べます。勉強会終了後に懇親会を予定しております。

講師プロフィール

<略歴>

2003年(平成15年)

早稲田医療技術専門学校 理学療法学科 卒業 理学療法士免許 取得 

関町病院 リハビリテーション科 入職

 

2008年(平成20年)

太田医療技術専門学校 理学療法学科 非常勤講師 科目:評価学Ⅲ(週1回1年間)

 

2009年(平成21年)

早稲田医療技術専門学校 理学療法学科 入職

埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学研究科 修士課程 入学

 

2011年(平成23年)

埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学研究科 修士課程 修了 リハビリテーション学修士

人間総合科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 助教

SPTラボ 開設 代表

 

2013年(平成25年)

獨協医科大学大学院 医学研究科 博士課程 入学

Flow→Creation. 開設 代表

 

2017年(平成29年)

獨協医科大学大学院 医学研究科 博士課程 機能学系生理学専攻(分子生理・細胞生理)修了

獨協医科大学 医学部・生理学(生体制御) 協力研究員

肩専門コンディショニングAPULA 高田馬場店 代表

吉田先生個人サイト

こちらで吉田先生の実績や活動を見ることができます。

ぜひ、ご覧ください。

 

概要

 肩関節疾患と言っても、肩腱板損傷、肩関節周囲炎、動揺性肩関節症、上腕骨骨折など病態も様々であり、ましてや症状も多種多様です。今回のセミナーでは、各疾患への対応についての話ではなく、肩関節疾患全般をみていく上で必要な知識や技術を身につけてもらえたらと考えています。

 前半で基本的な肩関節疾患の考え方や関節運動の基本についてお話します。後半からは、正常を知った上での異常の検知の仕方や対処方法について体験や実技を通して理解してもらえたらと思います。

 医療や介護分野で対応できるものを提供する予定ですが、現在私が自費で行っている施術のエッセンスも取り入れながら話を進められたらと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

スケジュール(予定)

1. 肩関節疾患の捉え方(講義)

2. 炎症・疼痛を配慮した病期に合わせた臨床推論(講義)

3. 肩関節屈曲・外転の関節運動(体験)

4. 肩甲胸郭関節の運動異常(体験・実技)

5. 肩甲上腕関節の運動異常(体験・実技)

6. 身体の使い方チェック(実技)

7. 上肢の非連動性チェック(実技)

8. 肩施術の基本(実技)

昨年のセミナーの様子はこちらから。

実技が多く楽しいセミナーでした。

セミナー注意点

・お申込み後のキャンセルはなるべく控えていただきますようお願いします。

・運営スタッフがセミナー中に講師中心に写真を撮影させていただきます。撮影させていただいた写真は勉強会の報告としてホームページに載させてただくことがあります。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Link

 

 

 

慢性的な痛みを遮断するための啓蒙活動や事業を行う非営利団体(NPO法人)

 

 

 

Healthcare Support N Rehabilitation Laboは東京都足立区にて地域貢献を目的とし、一般の方へ向けたヘルスケアサポート活動を行っております